栃木県小山市T様邸屋根改修工事

 

現地調査をさせていただくと、既存スレート屋根が所々割れ箇所があり、お客様も前々から気になっていたとの事、現状雨漏りはしていないが、今後の事も考慮し、重ね葺きに決定しました。

工事は先日始まったばかりで、ルーフィング工事、板金下地、本体工事、と進めて行きます。

工事が進みましたら、順次アップしますので、是非ご覧ください。


 

既存屋根、施工前写真です。






まずは、既存棟の解体工事からです。



棟の解体が終わるとルーフィング工事です。

ルーフィングを固定していきます。

2階屋根ルーフィング完了です。

1階屋根もルーフィング完了しました。

屋根本体を葺き始める前に、軒先のスターターを取り付けます。既存のスレート屋根の軒先の厚みが通常のコロニアルよりも厚く、既製品が合わなかったため、今回は自社で加工しました。

ケラバの捨て板も取り付け、下地はほぼ完了し、屋根材の荷揚げも完了しました。

いよいよ屋根本体の工事が始まります!

順調に葺きあげて行きます。