野木町 M様邸 屋根改修工事

 

屋根材(コロニアル)の重ね部に差し込んで、わずかな隙間をつくることにより、雨水の滞留を防ぐためのものです。

この作業は屋根の塗装工事などの際、合わせて取り付ける場合が多いです。

形はホームベースの様なかたちです。

皮スキなどで重ね部をこじり、差し込みます。単調な作業ですが、個数が多いため結構な作業となります。

取り付けると、ほとんど目立ちません。


こちらの現場では、塗装工事のついでに、棟板金も交換しました。

それほど劣化は進んでいませんでしたが、このタイミングでの交換は良いタイミングだと思います。

棟板金を撤去し、木下地を確認するとところどころ腐食がみられます。

木下地も新品と交換しました。

棟交換完了しました。この後は塗装屋さんにバトンタッチです。

塗装工事完了後に破風包み、樋工事と移行します。